a Whispering of dolls (旧) 人形の囁き
人形衣装関連゚・*:.。
先月から週のうち半分は、幼稚園関連、私事、慶事、法事と
(*´Д`*)=З出事が多かったぁ~~@
一昨日は帰宅後、爆睡!!いびきが凄かったと娘に言われた!!
昨夜も、帰宅後、寒気がして爆睡!!
睡眠が大切な事を再認識。。
いつも、丑三つ時?((;゚д゚))))
夜中の2時頃まで起きているので、、、
改めなきゃなぁ~@
12月3日が最後に
ヽ( ゜ 3゜)ノ 幼稚園の出事はおさまりそうで、ほっと一息
来年は年長、きっともう1年役員になりそうな・・・

続きは、、、スルーして下さい。。
わたしの独り言、、、なので


3連休、、、
どんなに忙しくても、父が生きていたら、、、
この3連休にクリスマスツリーを飾ってたなぁ~
文音が生まれてから、毎年、サンタの格好が恒例で、、、



昨年の父のラストサンタ。。。パパの目が笑ってる。。。

1月23日に倒れて運ばれ、、父の元気な顔にほっとし、、、
三途の川みた?なんて言ったりして、、ばかなわたし。
1月26日集中治療室から普通病室に移るとき、
パパ、、愛しい目で文音を見てたよね。
これが最後なんて思わなかったョ、、
退院出来ると皆思っていた。
こんな事なら、看護士さんに制止されても、
一緒のエレベーターに乗ればよかった。。

なんで居ないんだろう、、、
ずぅーーっと一緒だったから、ひどい事、言ってゴメンネ。。
甘えていたんだよ。。ほんとうに、ばかなわたし。。

父の3日間の入院、
ジィジィと一緒の文音の写真、看護士さんらに見せて嬉しそうだった、、
ノートには、大好きな文音とすこしでも長く一緒にいたいなぁ
、、、って書いてたね。
パパ、、、ありがとう。

寝たきりでもいいから、、、
うぅーーんと迷惑掛けていいから、、、
長生きして欲しかった、、、

亡き父に会いたくて、、、。
まだ、ゴメンネ。ありがとう。って言ってなくって。。

、、、私の支えになった本が、飯田史彦氏。
そして、、レイモンド・ムーディー博士の死者との再会。
幾度となく開き、かけがえのない本です。

何をしていても、歩いていても、、、
父に吐いた暴言が、今は自分の胸に刺さります。。
忘れてた事までも、、、
大切で大好きな父だったのに、、、。
今は、自分を責めることばかり
きっと父は楽しい世界から、心配してるよね。。ゴメンネ
ここに書く事で、もう、悔やんで泣きません。娘も心配するし、、

自然に囲まれたアメリカ深南部の田舎に、精神の劇場があります。
そこでは穏やかな時間が流れ

世界各国から、愛する亡き人に逢いに訪れます。
時として、今、来れないから。って、、、
亡き叔母であったり、
なにかしら関わりのある人が伝えにくるそうです。。ふふふっ。。

そこに行けば、逢える!!父に逢える!!
そう思う事で、嬉しくもなります。
自分を追い詰めるでなく、もっと死に対して、
父の死も穏やかな気持ちで受け取れます。。。
そうしなくちゃ。。

自宅でのプシュコマンテウムの作り方も書かれています。
オカルトや興味本位ではなく、、科学・精神を元に、研究された出版書です。

私は霊感?というか、、、
ずーっと昔、住んでいた借家にて怖い体験があります。
父が亡くなる前は霊現象や類の話が昔から好きで
よく友人や、父に話しては談笑していました、、。
父からは、バカらしい(笑)。。好きやな~と言われてましたが。
今は、霊イコール見えなくても父が存在する。
で、好ましい事なのですが、、、気配すら感じません

私が初めてこの本を手にした日、まだ字もあまり読めない娘が
買い物帰り、、、泣き顔の私を見て、

ママ、鏡を使うとジィジィに逢えるよ!!。。って。教えてくれました。
・・・不思議。
スポンサーサイト
【2006/11/05 10:45】 未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム


リンク
このブログをリンクに追加する


カテゴリー

FC2 Blog Ranking